川崎 フロンターレ 新 ユニフォーム 2017

ピッチにいる時はもちろんですが、ベンチにいるだけでチームに安心感をもたらしてくれる選手です。彼の無骨なプレースタイルと勝利への執着心は、フロンターレの強さの一つだと思っています。両サイドバック、3バックのストッパー、4バックのセンターバック、右サイドハーフ、ウイングと、多くのポジションで遜色の無いパフォーマンスを発揮してくれる選手です。 ただ黒色を使った縦縞ユニフォームは少ないかも。

これまでのモデルと比べやや薄い印象を持たせており、良く言えば鎖帷子のようでカッコよく見えるのだが、同時に配色の薄さで重厚感を失っている。実は、2018シーズンの2ndユニフォームのネーム&ナンバーは、奈良選手にしました。明日は、奈良選手とは別にもう1枚マーキングを依頼しています。 「FUJI XEROX SUPER CUP」の風呂桶は、ご覧の通り「芝生」仕様になっています。

またその愛らしい見た目から通常の広報業務以外にマスコットをしてもらいたいと打診した。 J参入の2005年以来Mizunoと契約しており、現在Mizunoと契約しているクラブでは最年長である。来シーズンも彼のプレーが見れるのを楽しみにしています。 でもサイズ感もあるから試着した方が確実かも。毎年シーズン終了後に、ホームとアウェイで印象的な活躍を見せた選手のユニフォームを購入しているのですが、今年の2nd用は彼にしました。

Jリーグで一番守備で観客を魅了できる選手だと思います。今期退団した選手です。今日は寝覚めの良い朝でした。明日、受取に行ってきます。 3月10日(日)・オーヴィジョンスタジアム下関で広島東洋カープを迎え『70th ANNIVERSARY GAME』を開催。 ガンバ大阪や鹿島アントラーズからのオファーという事で、どっちに転ぶか分からないな~と思っていたのですが、残留を決断してくれました。

その他の興味深い詳細川崎 フロンターレ ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *