フロンターレ ユニフォーム セール

また、学業に励みながら真剣にプレーする大学生のサッカー選手達をサポートすることによって、社会貢献にもつながり、その企業のイメージアップにも繋がるのではないだろうか。 そして、ユニフォームに企業名が入ることや物品提供を受けることで、選手達に「スポンサーからサポートしてもらっている」という自覚が芽生え、日々の練習や試合に対するモチベーションアップにも繋がるのではないだろうか。

しかし、スポンサー企業から金銭的な支援や物品提供を受けることができれば、選手が負担する部費を軽減することに繋がるだろう。 このように、少額でスポット型でのスポンサードが可能な点は、企業にとっても魅力的であるに違いない。大学サッカーはJリーグクラブに比べると、注目度やメディアへの露出機会は減るが、その分安い金額でスポンサードすることができる。 その他にも、元日本代表の長友佑都ら多くのプロ選手を輩出した東福岡高校は「大塚製薬」の販売する飲料「Amino-Value」のロゴを胸スポンサーとして掲出。